中山やすゆきオフィシャルウェブサイト 本文へジャンプ

すべての方々の意見を反映させ住んで良かったと思える習志野市へ!!

1.医療
私が実現させた健康なまちづくり条例を基に、推薦を頂いた、市の医師連盟・歯科医師会・薬剤師会と連携をし、市民にとって本当に必要な医療と、地域と行政のつながりを目指します。

具体的目標
  健康寿命の延伸  ・介護保険料、医療費上昇抑制

2.福祉
平成29年に習志野市は要支援(1)(2)が外されます。これによる高齢者福祉の不足や、自宅介護による家族の負担を防ぐため、地域包括ケアにより地域での見守りを強化します


3.健康
こどもから大人まで命を守るワクチンの公費補助を要望します。

具体的目標 B型肝炎をはじめ、ロタウィルス(重症化すると脱水・脳症を起こすことがある。)おたふくかぜ(同じく難聴になることがある)の公費補助を要望します。


4.予算
27年度の1年間の予算は562億円です。1期目に10億円以上削減可能でしたので、2期目もしっかりと不必要な財源を見極め、市民の皆様に還元できるよう努めます。


5.政治への関心
定期的な市制勉強会を開催し、若い世代はもちろん政治への関心が薄い方々に、政治と生活の密着度を知っていただき、投票率を上げ市政をチェックする目を増やします。


6.公共施設
財源確保だけの小・中学校や公共施設の統廃合は見直し、地域コミュニティと、こどもと大人の集いの場を守ります。


7.コミュニティバス
コミュニティバスのルート見直しや再検討をさせ、市民と高齢者の足を守ります。